PAGE TOP

LED工事不要製品の危険性

HOME > LED工事不要製品の危険性

LED工事不要製品の危険性

当社では工事不要製品はオススメ致しません

LED工事不要製品の危険性

理由1 火災の原因になる可能性が高い

LED照明より安定器の方が寿命が短いため安定器が故障して電圧が落ちても蛍光灯なら点灯しなくなるがLED照明は対応電圧の幅が広いため点灯してしまう。

この状態が続くとやがて安定器が燃えて火災の原因となります。

理由2 省エネ効果が低い

既存の蛍光灯用安定器をそのまま使用するため、LED照明以外に安定器の消費電力がかかります。

実際の消費電力=LED照明+安定器

工事不要製品を販売する会社の中では、安定器の故障は保証の対象外またはLED製品そのものの保証がない場合もあります。

弊社では必ず電気工事を行うよう推奨しております。

危険性をご理解の上、電気工事を実施し安全にLED製品をご使用いただくようお願いいたします。